大阪・梅田で鶏料理や焼鳥を食べるなら野乃鳥へ|野乃鳥|焼鳥

コンセプト

幻の地鶏「ひょうご味どり」

幻の地鶏「ひょうご味どり」

「ひょうご味どり」は、日本三大地鶏の二つ「薩摩鶏」と「名古屋種」に、「白色プリマスロック」という3つの品種を掛け合わせた交配種で、1991年に兵庫県立農林水産技術総合センターにより開発されました。播州の豊かな自然と通常の約2倍の月日をかけて生産されることから関係者らの間で「幻の地鶏」とも呼ばれており、酒米・山田錦を混ぜた飼料で特別に飼育し、歯応えとコクのある味わいが特長で、その肉質の良さは日本系本来の旨味を持ち、その食感はまさに「地鶏の最高峰」です。

hyogo-ajidori02

酒米・山田錦発祥の地ならではの飼料で飼育

多くの日本酒の酒米として使用されている「酒米の王者」山田錦。その山田錦は昭和 11 年、兵庫県立農事試験場で生まれ、その後産地も拡大し数多くの地域で生産されていますが、その中でも山田錦特A地区の生産地「みのり農協」の山田錦が最上のものとされています。ひょうご味どりは、その特A地区で収穫された山田錦を飼料としてとり入れることにより、日本酒とのマリアージュを実現しています。

hyogo-ajidori03

全国初のDNA解析「余韻の高貴な味わい」を

ひょうご味どりは1993年より出荷が始まりましたが、1999年より世界初の本格的なDNAのゲノム解析による品種改良をおこないました。その旨味と歯ごたえをそこなうことなく体重を増やすとともに、上品な余韻のある味わいと、日本で特に人気のあるもも肉を大きくし、食材として大変優れたポテンシャルを最大限引き出しています。
甘みのあるむね肉やさっぱりとした脂身、その他の部位も持ち、スープの旨味なども絶品です。